情報量を多く掲載できるダイレクトメールに最適な圧着ハガキ

郵便ハガキとポスト

確実な宣伝効果を期待できる圧着ハガキのメリットを生かそう

ハガキの束

新たに会社を立ち上げて自社商品やサービスについて宣伝を開始しようという際、無制限に資金を使えるわけではありません。限られた資金を上手く生かして、出来るだけ多くのレスポンスが得られる広告活動を行うにはどうしたらいいかを検討する必要があるでしょう。最近では、インターネットを利用した広告が大流行ですが、実際に効果が出ているのかというと、会社や商品・サービスによって大きな差があるのが実情です。自社サービスや商品の広告をインターネットメインで行うのが正しい戦略とは言い切れないと考えるなら、是非、圧着ハガキを広告郵便として活用することを考えてみましょう。
圧着ハガキは、個人に宛てて出される郵便物という点だけでも、ターゲットとなる消費者の注意を引きやすいメリットがあります。発送に要する費用はハガキと同じで済むのに、載せられる情報量はその何倍にもなる点も重要なメリットです。また、封入されたハガキ内側に本当に重要な情報が隠されているという仕組みのため、開封率が高いというメリットもあります。
圧着ハガキ作成は業者に依頼して手軽かつ迅速に印刷してもらえますし、費用も安価な業者が多いです。是非、作成について業者に相談してみるといいでしょう。

十分な量の情報を顧客に伝えられる圧着ハガキのメリット

広告に対して顧客から何らかのレスポンスを得るためには、様々な工夫や配慮が必要となります。圧着ハガキは、そうした工夫や配慮をする上での貴重なメリットを数多く備えているので、これから広告戦略について検討するなら、是非、圧着ハガキの広告郵便としての利用を考えてみることをおすすめします。
例えば、圧着ハガキは、封入した状態ではハガキと同じ面積しか持ちませんが、開封した状態ではその数倍の面積を情報提供スペースとして利用可能です。レイアウトやフォントサイズを上手く調節すれば、顧客の関心を惹きつけるのに必要な量と内容の情報を確実に盛り込むことが出来るでしょう。また、重要情報は封入して外部からは見られない状態にできる郵便物のため、余計な情報を第三者に提供したくない顧客にとっては、好ましい広告方法というメリットもあります。
圧着ハガキの作成には、特殊な資材と技術が必要なので、作成は業者に依頼する方がいいでしょう。圧着ハガキの作成を依頼できる専門業者の数は非常に多いですし、料金面でもサービス面でも、選択の幅は広いです。ホームページなどを利用して、納期や料金に関する情報などをチェックして、ベストな業者を見つけてはいかがでしょうか。

圧着ハガキ業者の上手な活用のテクニック

広告郵便を活用している企業の多くが、封書から圧着ハガキにシフトしつつあります。特に郵送料が節約できる点が魅力的であり、印字オプションの活用によって発送業務の効率化が実現できるメリットも大きいです。しかし初めて販促などを目的に圧着ハガキを作る場合には、業者の選定で迷うことがあるのも事実です。けれども作成は業者に依頼する前に比較サイトを利用すると、ニーズに合った印刷会社をすぐに見つけることができます。また低コストで迅速に圧着ハガキを作りたいときには、データ入稿する方法があります。そして自社でハガキのデザインを作成できないときには、業者にすべての作業を委託するのが効率的です。チラシの作成の実績が豊富な業者であれば、地図や読み取りコード入りの圧着ハガキもすぐに作ることが可能です。そして用途に合わせて加工オプションを使うことが、宣伝効果の高いダイレクトメールを作ることにもつながります。ミシン目加工のオプションメニューは、特に割引券を販促に活用している企業の間で人気が高まっています。一方で開封率を高めるためには、目立つダイレクトメールを作成する必要もあります。色鮮やかな印刷や大判ハガキの作成プランを活用すると、ダイレクトメールの宣伝効果も向上します。

このように圧着ハガキを利用すれば非常に大きなメリットがあります。一般的なハガキでは叶わなかった宣伝効果が期待できるため非常におすすめです。また希望する形態で作成依頼できるというのも魅力的です。

PRの企画から圧着ハガキの作成と発送までの流れ

新聞の購読率が下がる中で、折込チラシの宣伝効果に疑問を持つ企業も多くなっています。そのような事情もあり、個別の顧客にターゲットを絞って広告郵便を送る手法の人気が高まっています。更にコスト意識を強く持つ企業関係者も増えており、郵便料金が割安な圧着ハガキを活用するのが時代の流れです。そして圧着ハガキを使って宣伝をする…

圧着ハガキのプランと業者選定のポイントとは

宣伝用の圧着ハガキ作成は業者に依頼する場合には、比較サイトの一括見積もり機能を活用するのが便利です。印刷枚数や納期などの諸条件を入力すると、誰でも気軽に複数の業者の料金を比較できるからです。また宣伝コストを抑えることだけを考える企業が増えていますが、広告郵便を送る場合にはイメージを重視することも重要です。特に作成…

各種募集業務で圧着ハガキを活用する方法とは

学習塾や専門学校などの生徒募集では、入学説明会の時に訪れた人の住所などの個人情報を集めることがよくあります。そして圧着ハガキを使ってダイレクトメールを郵送するときにも、そのような個人情報が大きな力になります。同様に企業が新卒者向けに会社説明会を行った後で、訪れた学生に継続的にアプローチし続けることが人材採用にも役…

DMとして有利な圧着ハガキを使おう

ダイレクトメールを一定期間ごとに大量に発送する企業やお店では、郵便料金の負担がネックになることもあるでしょう。こうした事情の中、様々な企業がコストカットの方法を模索する中で、圧着ハガキと呼ばれるものが登場しました。日本の郵便料金では、封筒よりもハガキの方が安く発送出来るので、ダイレクトメールでもハガキサイズがよく…

Latest Recent

2019年12月13日
DMとして有利な圧着ハガキを使おうを更新しました。
2019年12月13日
各種募集業務で圧着ハガキを活用する方法とはを更新しました。
2019年12月13日
圧着ハガキのプランと業者選定のポイントとはを更新しました。
2019年12月13日
PRの企画から圧着ハガキの作成と発送までの流れを更新しました。